水道管工事から水景設備工事、造園工事のことなら岐阜県羽島市の株式会社カミノにお任せください。

すぐれ門

Superior Gate

取り付けるだけで 高効率・低リスク

お客様へ

従来、商用電源を引き込むことができない地域に設置される水門の扉体昇降装置は、人力で操作しています。
しかしながら人力のみで操作するものは管理者の負担が大きく、危険な作業です。
また商用電源を引き込み電動モーター設置改造、近傍にその制御施設を設けるため高額な初期費用がかかります。
そこで弊社の充電式水門開閉補助装置 すぐれ門 をご提案させて頂きます。

「すぐれ門」5つの特徴

1

危険な悪天候時の作業を軽減
雨天、暴風時でハンドルを手動回転させる作業は滑りやすく、転落等の事故発生の危険性があります。
“すぐれ門”を取り付けることで運転ボタンをスタートさせ、管理者はゲートを目的位置までの確認作業をし、
停止位置になれば停止ボタンを操作するだけで欄干につかまり安全な作業が可能です。(非常停止機能有)

2

手動作業の重労働から解放
上昇、下降作業は3m幅水門で約6分から10分間休まずハンドルを回し続けなければなりません。
さらに別の水門の開閉作業を続けることによる体力の消耗は計り知れません。
“すぐれ門”によりこの重労働から解放されます。

3

突発的な災害時の迅速性に対応
局地的ゲリラ豪雨など突発的な災害時には、1分1秒の遅れがあってはなりません。
“すぐれ門”を取り付けることで作業時間は3分の1になります。

4

リチウム電池で停電時もOK
“すぐれ門”の駆動電源は、充電式リチウム電池です。
1機2個のリチウム電池が標準装備してありますので常に1個は予備として充電保管し、停電に対応できます。

5

“すぐれ門”は低コストで維持費不要
通常の電動化は、送電線の設置、電源制御ボックス等の設置で初期費用が高額になり、さらに維持管理費も掛かります。
“すぐれ門”は設置費用が安価で、さらに維持費(リチウム電池の充電など)は殆ど掛かりません。

「すぐれ門」3つの特徴

対応機種

“すぐれ門”は既存の水門タイプに合わせ取り付け部を設計制作します。
※水平ハンドルには取付け不可。

商品仕様

形名SG250S-FL
ギヤ比 : FL型1:4
回転数 : トルク360N・m
機体寸法全長226mm × 全高315mm × 全幅171mm
総重量8.6kg
耐用年数5年
駆動装置DS18DBL2(日立工機製)
蓄電池電圧形名18V BSL 1860
タイプLi-ion(リチウムイオン×冷却対応)
容量6.0Ah
充電器形名UC 18YDL
充電時間30分
標準付属品
  • ・急速充電器
  • ・予備電池
  • ・時計
発売元株式会社カミノ
pagetop